歯科で歯磨きを教えてもらう

今はかなりの数の歯科がありますので、どこで診察をしてもらうのかそれだけで考え込んでしまう人も少なくありません。
治療の前にちょっと相談をしたいという時もあれば、検診をしてもらいたいというような時もあるでしょう。
現在は予防をするということにも力を入れている歯科も多いですから、検診や治療の終わった後などに歯磨きの仕方を説明してくれることもあります。虫歯を防ぐためにはしっかり歯を磨くこととは言われながらも、実際にそれをやるとなると意外に出来ていないのが現状なのです。毛先は歯の面にあて、軽い力で20回程度動かします。

minp!の最新情報を紹介します。

ごしごしと力強く擦るのは厳禁です。

軽く動かしながら1~2本ずつ磨いていくようにすると綺麗にしやすいです。

八重歯などで歯並びが悪い人は特に汚れや食べかすなどが歯の間に詰まりがちですから、磨く時には歯ブラシの動かし方を工夫して細かく動かしながら上下の歯を磨きます。終わった後にはデンタルフロスを使っていく事でさらに磨き残しをさらになくしていく事ができます。

子供なら今後また新しく永久歯が生えてくるから乳歯はおろそかにしていても大丈夫と考えたりする人もいるのですが、それは良くありません。



歯科で診てもらってもきちんと歯を磨くようにアドバイスをもらうと思いますから、親子できちんと正しい磨き方を身につけましょう。

分からない時は診察時にも確認してから実践すると、正しい磨き方も身について習慣になってくるでしょう。

麻布十番の歯科の情報サイトが便利です。