矯正歯科の治療は抜歯が必要か

矯正歯科の治療で抜歯が必要になるかどうかは、レントゲンを撮って専門医が見極めます。

歯の凸凹具合、アゴ骨の大きさや形、歯の萌出方向や位置、審美面、などを総合的に判断して、抜歯が必要かどうか決めます。


歯を動かしてきれいに並べるために必要なスペースが不足している場合には、スペース確保のために抜歯が必要になることもあります。

気軽に産経ニュース情報収集ができます。

凸凹している歯を動かして綺麗に並べるには、スペースが必要です。

抜歯せずに治療を行うには、歯列の幅を広げたり、奥歯から順番に後ろに移動させてスペースを確保することもあります。

他種類に及ぶ代官山の歯科情報はこのサイトにおまかせ下さい。

しかし、アゴが小さいとそれだけでは限界がある場合もあります。

限界を超えてしまうと、後戻りしやすくなります。

この場合には、抜歯が必要になります。

最近の歯科治療ではなるべく抜歯をしないように心がけているところが増えていますが、絶対に抜歯をしないということは言い切れません。


歯並びや噛み合わせが気になるときには、矯正歯科専門の歯科医院、大学付属病院の矯正歯科を受診すると良いです。一度の受診で決めなくても、いくつか矯正治療を扱っている医療機関を受診して、セカンドオピニオンを求めても良いでしょう。

矯正治療は、基本的に自費診療になるので全額自己負担です。

費用は医療機関、治療方法、機関、地域、によって異なります。



例外としては、唇顎口蓋裂を含む先天性異常や、顎変形症(重度の噛み合わせの異常)と診断されると保険適用になる場合もあります。