虫歯になりやすい人の歯科利用

人によって、口内細菌の種類は違います。

ただし、ほとんどの人の口の中には虫歯菌が存在しています。


虫歯菌が多くなる体質、虫歯菌が活発に活動しやすい環境を提供してしまう生活習慣の人は、普通よりも虫歯になりやすいです。

代官山の歯科ってとにかくお勧めなんです。

虫歯ができるかどうかは体質も関係していますが、歯磨きと食生活が大きく関係しています。



虫歯ができやすい人は、すなわちプラークコントロールの下手な人です。

共同通信社に有効な知識の紹介です。

うまく歯磨きができない、プラーク中の細菌の栄養分である糖分を頻繁に口にしている人、です。

プラークがついたままだと、細菌は増える一方です。酸によって歯が溶ける時間が長くなり、唾液によって再石灰化される時間が短くなると虫歯になりやすくなります。


頻繁にお菓子を食べている人は、プラーク中の細菌の活動量が増えて、酸がたくさん作られてしまいます。

それ以外にも、ドライマウスなど唾液の量が少なくなって虫歯リスクが上がることもあります。

唾液は口の中の細菌を洗い流したり、酸を洗ったり、薄める役割があるからです。


間食が多い、糖分を頻繁に摂取する人は食生活を見直す必要があります。

歯磨きがうまくできない人は、歯並びに問題がある場合には歯科で定期的に歯垢除去してもらいましょう。

ドライマウスは全身の病気が関わっていることもありますが、最近ではドライマウスも診てくれる歯科も増えています。
虫歯になってから受診するのではなく、虫歯になる前に歯科を受診して予防することが大切です。